スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#248 ただの悪ふざけなんだろ

天上碑-2009年07月11日-001

早ーーーーーーっ!www
1日かからずクリアって・・・(; ・`д・´)

はい、ドンタコス(。・ω・)ゞ
透骨を1時間打ち続けて攻城を終えた鳳戈齋ですw

自分はあんまり対人が好きじゃないので(無駄な肉代使うと地上いけなくなるので)、斬りかかられた人のみ相手にしています。と言っても、ほとんどの場合は他職で参加しているので、斬られたら逃げているんですが・・・。

皆さんにも「見かけたら反射的に斬ってくる知り合い」がいると思いますが、あまりにもシツこくてウンザリする事もあると思います(o´・∀・`o)
攻城は斬り合う事もメインの1つなので、ある程度は仕方ないですけどね。
攻城が原因で、嫌なイメージを相手に持つっていう話はよく聞きますし、まぁ分からないでもないです。

ですが、折角ゲームをしているのに、そんな事を一々気にしたくはありません。
笑って許してあげられるくらいになりたいものですねw
海のように優しく大らかに・・・!

あ、そうそう。
先日、ハンゲで麻雀していて、

清老頭

鬼手を上がった後、2連続で箱割れになり、近くにあったハロゲンを蹴飛ばしたら壊れました。

って、器ちっさーーーーーっ!wwww

大人になりたい鳳戈齋が更新します。



【危機管理能力】
またまた、鳳戈齋が仕事をした。
イベント前、地下開始時刻を待っていた時、ふと殺気を感じます。

天上碑-2009年06月25日-0010

あの茂みが怪しい・・・(=?ω?=)

248-1.jpg

一喝する鳳戈齋。

天上碑-2009年06月25日-0012

なんと、邪盟地内に暗器が潜入していた。
鳳戈齋の覇気に怖気づいた暗器は、

やってみる10

煙幕を張って、その場から撤退した。

鳳:ちっ・・・、逃がしたか・・・。

武官がいなくなって以来、盟地の防衛力は弱まっている。
危機感を抱いた鳳戈齋は、

天上碑-2009年07月12日-005

盟師範に警戒を呼び掛け、自身も警備に当たる事にした。

やはりと言うべきか、それから数日後・・・。

天上碑-2009年07月12日-001

またしても暗器が侵入していた。

鳳:貴様!どういうつもりで戻ってきた!?
暗:別にお前に説明する義理はないだろう。
鳳:なんだと?


天上碑-2009年07月12日-002

抜刀する鳳戈齋。

暗:おっと、良いのかい?
鳳:どういう意味だ!?
暗:お前の噂は聞いている。大層な奥義を持っているそうだな。
鳳:今から貴様の体に叩きこんでやる!
暗:ふん、そこにいる連中が巻き添えになっても良いのか?
鳳:くっ・・・!
暗:さてと、そろそろ帰るか。


天上碑-2009年07月12日-003

そうなのだ。
地上時間中であったために、盟地では多くの武林人が像を叩いている。
暗器ほどの敵を葬るには、それなりの火力が必要であり、武林人を巻き込むのは避けられない。

暗:けっ、どうせお人よしのお前には出来まい。
鳳:いや、別に構わない。
暗:え・・・?
鳳:構わないと言ったんだ。
暗:ちょ・・・・、じゃあ逃げるんだけど・・・・・。
鳳:逃がすかよ!


再び遁走する暗器。

248-2.jpg

その背にめがけて、

天上碑-2009年07月12日-004

鳳:超・新・星(スーパーノヴァ)!

一瞬にして暗器の存在はこの世から消えた。
こうして、鳳戈齋は新たな奥義を会得し、またしても武林の平和を守った。

次の日、相変わらず邪派のために見回りを続ける鳳戈齋でしたとさ。

天上碑-2009年07月09日-002

(*゜ェ゜*)ハッ!

248-1.jpg

鳳:ヤツの仇打ちかっ!?

天上碑-2009年07月09日-0010

(o;TωT)o" ビクッ!



【あとがき】
あとがきを書く直前で記事を消してしまったため、書き直し。゚(ぅェ´o)゚。
8割程度修復しましたが、あとは面倒だったのでスルーしましたΣ(*´ェノ|

ビッグバン(big bang):
宇宙の初めに起こった大爆発。これにより宇宙が生まれた。

超新星(supernova):
恒星の進化の最終段階における大爆発。ブラックホールが生まれる。

初めと終わりの大爆発。
小学生の頃に知って圧倒されて以来、ずっと関心を持っていましたが、ひょんな事から2つとも奥義になる始末(*ノωノ) キャー

tnr0807100753003-p1[1]

そして、この記事を読んだ人は言うでしょう。

「何だ、これは!」とw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。