スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#131 Precious moments

こんにちは('ー')/
そろそろ石破前防衛相のモノマネをする芸人が出てきそうで、ソワソワしている鳳戈齋ですΣ(ノ∀`*)ペチッ

さて、今日は一ネタどどーんって事で・・・。どうっすか?

【浦島鳳太郎】
出演:鳳戈齋・黒狼・いぬき  総合妄想:鳳戈齋

とある昼下がり、洛陽を歩いていた鳳太郎。
勿論、いつものように真影を覗き見に行く途中である。
すると・・・。向こうの方で助けを求める声がする。声のする方に向かっていくと・・・、

天上碑-2008年09月08日-022

ボコッ!!ガシッ!!

大男:この糞亀!!持ってる天気符、全部出しやがれ!!
金亀:ひぃぃぃぃ?、もう何も持ってません?・゚・(PД`q。)・゚・


正義感の強い鳳太郎は、すぐさま止めに入る。

鳳太郎:おい、そこの筋肉ハゲ!いい加減にしておけ。
大男:あぁ??小僧、何か言ったか?
鳳太郎:その薄汚い手をどけろと言ったんだっ!!!!!


ビシッ!!!

天上碑-2008年09月08日-024

大男:ま・・・まさか・・・。この俺が一撃で・・・。お前は一体・・・・

バタリ・・・・

鳳太郎:口ほどにも無い。
金亀:た・・助かりました。どうも恩に着ます。
鳳太郎:怪我はないか?
金亀:はい。あぁ・・・、私はなんて幸運なんでしょうか・・・。あなた様のような真の勇者と出会えて・・・。
鳳太郎:いや、当たり前のことをしただけだ。
金亀:あの・・是非お名前を・・・。このお礼をしなくては私の気が済みません。
鳳太郎:要らぬ心配をするな。それに名乗るほどの者ではない。
金亀:そんな事おっしゃらずに。私の主人である乙姫様も歓迎してくれるはずです。
鳳太郎:何、乙姫?
金亀:はい、それはもう絶世の美女でございます。
鳳太郎:ほほう(*?*)
金亀:いかがでしょう?是非。
鳳太郎:そう言えば、この後暇だったのだ。仕方無い。そこまで言うのなら付き合ってやる。


助けた金亀の背に乗って、竜宮城に向かう鳳太郎。

金亀:鳳太郎様、着きましたよ。
鳳太郎:おぉ・・・、これが竜宮城。そして、そなたが・・・


天上碑-2008年09月08日-010

キュ=(*´∀`*)⇒ン

鳳太郎:乙姫とやらか・・・。なかなかどうして(*?*)
乙姫:これはこれは。うちの亀を助けていただいて・・・、
鳳太郎:いや。なーに、気にしなさんな。
乙姫:感謝の言葉もありません。
鳳太郎:感謝の言葉なんて要らないからさ・・・、そんなモノより・・・(*?*)
乙姫:一同首を長くしてお待ちしておりました。ねえ、あなた。
??:・・・おう。
鳳太郎:・・・(。I)ん?


乙姫の呼びかけに応じる男の声がした。ふと建物の中を見ると、

天上碑-2008年09月08日-011

ノシノシと、鈍い足音が響きわたる。

天上碑-2008年09月08日-013

大男:さっきは世話になったな。
鳳太郎:Σ(●■●;)━━━━!!


予期しない出来事に動揺を隠せない鳳太郎。

鳳太郎:え?ええ?
金亀:悪いですね、お兄さん。大人しくしていただければ、危害は加えません。
大男:有り金全部置いてけや。
乙姫:あんたも馬鹿ね?( ´,_ゝ`)
鳳太郎:そうか・・・。お前ら皆グルだったのか・・・。
大男:ほれ、さっさと渡さんか。
鳳太郎:よくも・・・、よくも騙したなぁぁぁぁ!!!!成敗してくれる!!!


トオゥリヤァァァァァァーーーー!

天上碑-2008年09月08日-014

大男:モノ分かりの・・・

天上碑-2008年09月08日-017

大男:悪い奴めがっ!
ゴスッ!!!!!!!!!!!

天上碑-2008年09月08日-020

金亀:悪く思わないで下さいね。これも生きていくためなのです。
鳳太郎:う・・・うぅ・・・・
金亀:あなたの優しさに免じて、せめてこの玉手箱だけでも。治療費にでもして下さい。


こうして、身ぐるみ剥がされた鳳太郎。まさに散々である。

しかし、悪い事はいつまでも続かない。
この後、駆け付けた真影の手厚い介護により、かろうじて命を取り留めた鳳太郎。
それが元で2人は良い感じに発展したのだ。

いよいよ結婚を申し込もうと決心した鳳太郎。
婚約指輪も気に入ったものが見つかり、告白のセリフもとっておきのを考えた。
だが、治療の間仕事が出来なかったため、貯金も底を突いてしまい、指輪を買う余裕はない。どうしようかと迷っていたが・・・、

鳳太郎:そうだ(*゜ェ゜*)!糞亀の置いて行った宝箱があったんだ!あんな恩知らずから施しを受けるのは癪だが、背に腹は代えられん。

天上碑-2008年09月12日-010

パカッ・・・・・ボフンッ!

天上碑-2008年09月13日-006

鳳太郎:なんて・・・こったい・・・。

懲りずにまたダマサレタ鳳太郎。
傷ついて一週間寝込んだが、「彼女なら分かってくれるはず」と信じて真影を呼び出した。そして、思いきって告白したのだった。

鳳太郎:君の人生を僕にくれないか?

とどめ

ガ━━?(´・ω・|||)━━ン!!!

天上碑-2008年09月13日-005

ポッツーーーン・・・。
こうして、鳳太郎は余生を日陰で暮らしましたとさ。


                    =おしまい=


※その他の天上パロディ、#97「武林ダースの犬」も見て下さいね('ー')/

【おまけ】
これがホントの・・・

天上碑-2008年09月08日-025

ってΣヾ(゚ロ゚*)ぅをぃ!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。