スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#33 自灯明

第一章 伝説のチョコホース
第二話 天下第一製菓

よしゐ」と書かれた本を手に取りながら、鳳は昔を懐かしんでいた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
月日は遡り・・・・。それは、鳳がチョコの研究を始めて数年目の事である。

謎の老師の言葉を聞き、意気揚揚とチョコの世界に足を踏み入れた鳳。
ではあったが、なかなか思うようにいかず苦戦していた。
この3年間、まずは経験を積もうと、手に入るチョコというチョコ全てを寝る間も惜しんで食べ続けた。

?若かりし鳳の一日?
朝起きてホットチョコを飲み、チョコトーストをかじる。昼はチョコラーメン、おやつにチョコチップス、夕食にチョコパスタ。チョコ風呂に入り、チョコで歯を磨き布団に入る。

想像を絶する毎日である。(この生活をして、虫歯もなくニキビも出来なかったのは、やはりチョコ耐性がずば抜けていたのであろう。)
その甲斐あってチョコそのものに対する直接的な判断能力(絶対チョコ感)を身につけた鳳は、その自信からか普通のチョコレートでは満足できなくなっていた。

その日も町のお菓子屋さんを巡り、我が物顔で批評していた。

Aーー2

絶対チョコ感を体得し、かなり天狗になっていた鳳の鼻っ柱をへし折ったのは、この会話を聞いていたある女性であった。

D?1

Aーー3

Dー2

その人物こそ、チョコよしゑであった。運命的な出会いとでも言うのであろうか、よしゑ自身でも、何故鳳に声をかけたのか不思議な気がしたが、おそらく同じ匂いを感じたのであろう。連れられて行った先は「天下第一製菓」。鳳はたじろいだ。その高名は洛陽にも轟いていたからである。

「天下第一製菓」の創設者はチョコよしゐよしゑはその一番弟子であった。
よしゐチョコ道たるものの真髄を極めるため、様々なチョコ学を研究していた。

チョコ道とは・・・。
「チョコなんてチャライゼ(*ー*)」的な世間知らずをも黙らせる、古今東西の菓子職人・料理人による中国四千三十年くらいの美味・珍味にも匹敵するほどの究極チョコを目指す職人道なのであ?る。


その味とチョコにかける想いを目の当たりにした鳳は、ここに身を寄せて鍛練を積む決心をした。
チョコ学の研究・チョコの真髄の追求・カブト放置のお肉補給♪
数々の困難と途方もない苦行を共にした鳳とよしゑは、いつしか互いに認め合い、義兄弟の契りを結んだのであった。切磋琢磨し、よしゐの元で天下第一製菓の名を更に高めていった。

3人の行く手を阻むものは何もないように見えたのだが・・・。

ある時、鳳がチョコ研修で第一製菓を離れていた際に、よしゐが突如姿を消してしまう。
知らせを聞いた鳳はすぐさま帰途につき、よしゑに尋ねた。

Aーー4

よしゑにも答えようがなかった。
当然である。彼女にもよしゐがなぜ失踪したのか分からなかったからだ。

鳳は、しばらくよしゑと共に師匠の帰りを待っていたが月日は過ぎてゆくばかりであった。
数ヵ月の後、よしゑが鳳に言った。

D?3

Aーー5

D?4

鳳は泣きたい気持ちを精一杯抑えて旅立ちました。

それから幾年も経ったが、よしゐが戻る事がなかった。
そして・・・。
鳳は未だ知らないが、よしゑも数年後に他界したのである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

鳳は、再びメモ書きに目を落とした。

「チョコには鉄分!どっかで入手!製法レベル中」

四川省に鉄系の怪物が出現すると耳に挟んだことがある。
もしかしたらそれと関係があるのだろうか?

製法レベルがであれば自分1人でも余裕な感じだったので、倉庫掃除もそこそこに切り上げ、四川に向けて採取と研究のために出発したのであった。





c?2


━━BACK NUMBER━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【鳳リーとチョコレート工場】
?鳳チョコに集いし5人による、笑いあり涙なしのホットなチョコストーリー。
???

【冶葉出生秘話】
物語の世界観を知るならコレ!運命の糸が次々と明らかになっていく!!
????

【アンダンテ入社ドキュメント】
アンダンテと鳳戈齋の出会いを収録。?鳳チョコの秘密が暴かれる!?
???

【妖紫ぶらり旅】
恋多き受付嬢の調査手記。天上界のイケメンをCHECKするならココ!
??

【小薇チョコレイト冒険譚】
江湖の空に響き渡る幻の音色!?一大叙事詩がついに登場。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。